Products
製品情報
ネットワーク機器 VoIP・ソフトウエア サーバー マルチコンピュータ 社会・環境機器 デジタルペン RTOS
デジタルペン
Penit
デジタルペン(ペンイット)

指先のユビキタス

『デジタルペン入力システム』
デジタルペンとは
デジタルペンの特徴
デジタルペンを使う
デジペンのコア技術
デジタルペンの仕様
デジタルペンの活用
デジタルペンの導入
  デジタルペンとは

手書き文字が自動的にデジタル変換されコンピュータへの入力業務が必要無くなるシステム・ペンです。

   
ペン自体は市販のボールペン
   但し、書き込む用紙に仕掛けがあります(コア技術)

TOP
 デジタルペンの特徴

使いやすさ  

 これまで慣れ親しんだ「紙とペン」で業務を遂行でき、特別なトレーニングを必要といたしません。

データ変換

 USB(有線)やBluetooth(無線)経由で取込まれた座標データを瞬時にデジタルデータに変換し、幅広い

 アプリケーションで活用できます。また、図やスケッチ、署名もイメージとして保管いたします。

データ追記・修正

 イメージデータの追記・修正及びデジタルデータの修正が可能です。

文字認識

 OCRの1.5倍の認識率です。文字体と筆順から文字を特定いたします。

メモリ容量

 A4サイズ 約200ページ分のデータをペンの内臓メモリに記録する事ができます。保存されたデータは

 転送後、自動的に消去されます。

セキュリティ

 デジタルペンの入力情報は座標と時間のみで第三者が把握することができない為、ペンの盗難やネット

 ワーク上での盗聴に対しても個人情報、その他の入力情報が流出することはありません。

TOP
 デジタルペンを使う
 デジタルペンで書く  ==> ペンに取り込まれたデータの転送   ==>   PCでデジタル変換

「ペンと紙」で書いたアナログ情報を時間と座標というデジタル情報として、デジタルペンに蓄積します。

蓄積したデジタル情報は、Bluetooth や USB 経由でクライアント PC に
転送されます。
PCでデジタル変換されデータとして表示されます。
■ クレードル(デジタル情報取得インターフェース及びペンの充電機能)
TOP
デジタルペンのコア技術
■アノト方式デジタルペンの構造
アノト社の概要
アノト方式デジタルペンを開発したアノト社は、デジタルカメラ技術、画像処理技術やデジタルペンの分野で傑出した専門知識やノウハウを持つ、スウェーデンのIT企業です。紙を媒体としたデジタルコミュニケーションのデファクトスタンダードの確立を目指し、ヨーロッパ、アメリカ、そしてアジアに約200社とパートナーシップを構築しています。
 URL: http://www.anoto.co.jp/
■アノト方式デジタルペンのコア技術

通常のボールペンと同様、紙に対してインクで文字を書きながら、ストロークを電子化します。ただし、ペン内のカメラは、専用紙上に印刷されたドットパターンから得られる座標データを取得しています。

ペン内に設けられたプロセッサが、ドットパターンの位置関係から座標データを演算し、メモリ内に蓄えられたストロークデータは「送信」アクションによりUSBケーブル又はBluetooth経由で近傍端末へ送られる仕組みです。

(ペンにはボタン等が存在しておらず「送信」などの機能はすべて紙へのアクションにて行われています。)

■アノトパターン(ドットパターン)

デジタルペンの専用紙は一見、厚さ・質感とも普通の紙とまったく同じですが、実は絶対アドレス(座標)を
用いた「アノトパターン」という特殊な配列のドットが印刷されています。

この紙にデジタルペンを使って記入すると、ペンの先に内蔵されたCMOSカメラがドットパターンを撮影し、
そのパターンをイメージプロセッサが処理して、手書きの文字や図の座標が計算されます。座標以外には、
時刻、速度などの情報が記録されます。

※75回/秒の速さで撮影されます

●ドットパターンのしくみ
直交する格子からわずかにずれている円形ドットからなる精密なパターン。

この独特なドットパターンをデジタルペンが読み取ることによって、ユーザーが記入する位置を
計算することができます。

6×6ドット(1.8×1.8mm)の36個の各ドットのずれの組み合わせが、固有の位置情報を表します。

■アノト機能対応専用紙のコア技術

格子状に並んだドットはカーボンを含んだインキにより印刷されているため、赤外線を使ったペン内のカメラはドットパターンだけを認識することができます。

ドットパターンは紙上のあらゆる場所でユニークであり、筆記を途中で止めたり、紙を裁断しても、「どの紙のどの位置に書いたストロークであるか」を認識することができます。

● 専用用紙

669,845,157,115,773,458,169個

のドットから成るユニークなパターンにより、どこに書いても、またどんな小さな一部分でも、全パターンのどの位置にあるのかを正確に特定します。

ペン先から取り込まれたドットパターンは膨大な情報量となりペンに内蔵されたカメラに読み込まれます。

パターン上の手書き文字や図の座標が計算されるほか時刻や速度などの情報も記録されます。

ドットパターン印刷について
アノト機能の核心技術とも言える微細なドットパターンの印刷には高品質・高精度が求められるため、

アノトから印刷認定を取得したパートナーによってのみ印刷することができます。

● 機能性を持たせた専用用紙
  • ユニークなドットパターンによって、それぞれ異なる機能を紙に割り当てることができます。
  • また紙ごとの識別も可能であり、さまざまな帳票を設計し各帳票にリンクしたアプリケーションを作ることができます。
  • 例: 上のSEND BOXは、書いたものを送信する時の実行アイコンを表します。
  • その他、e-mail、保存、スタート、アドレス入力エリア、注文、初期化などのファンクションを紙に割り当てることができます。
TOP
デジタルペンの仕様
型番 DP-201(Bluetooth(R)+USBモデル)
質量 30g
外形寸法 153mm×19mm×17mm (キャップを外した状態)
157mm×21mm×18mm (キャップを付けた状態)
データ伝送 USB1.1規格準拠(2.0規格利用可能)
Bluetooth(R)1.2規格準拠
動作温度 0~40℃(ただし結露なきこと)
内蔵電池 リチウムイオン二次電池
連続筆記時間 2時間以上
スタンバイ時間 10時間以上(キャップを外した状態)
充電時間 約2.5時間
充電方法 クレードルを経由(ACアダプタ/USB充電)
メモリ 1MB(A4サイズ約200頁分)のデータを保存
赤外線ライトと光学ユニット 赤外線ライトとCMOSカメラを内臓し、ドットパターンを撮影(75回/秒)
バイブレータ 電源ONや伝送など各種動作を知らせる
TOP
 デジタルペンの活用
デジタルペンはあらゆる分野のビジネスシーンでご利用出来ます。

企業では、顧客管理・会員管理・アンケート集計・販売管理・勤怠管理・生産管理・経理業務・総務業務

・窓口業務・受注業務・発注業務・配送処理・営業日報・作業報告・申請書管理・顧客満足度調査。

金融・保険では、クレジットカード入会申し込み・各種申込書。

政府・公共では、住民票・印鑑証明。

保守・サービスでは、エレベータ保守点検・各種保守サービス点検。

学校では、入学志願者・成績処理・自動採点・授業評価・履歴登録。

医療関係では、初診登録・健康診断・健康調査・検査依頼・臨床検査・患者満足度調査。

● 各業種における使用実績例をご参考下さい。
TOP
 デジタルペンの導入

デジタルペンの導入に関して以下、標準価格、ペン及びライセンスについてご参考価格を提示致します。

1)      ペン50本、5ライセンス

2)      ペン100本、10ライセンス

各業種様に依りペンの使用方法が異なりますので都度、ご相談下さい。

TOP
Copyright (C) System I 21 Co.,Ltd.  All rights reserved.