??
Solution
ソリューション情報
ITソリューション プロジェクト管理システム CTIソリューション Webソリューション
HawkEye
プロジェクト管理システム

NSS
 HawkEye リリースの背景
 HawkEyeの特徴
HawkEyeの機能
 動作環境
 価格について
HawkEye リリースの背景
製品開発やソフトウエア開発、試験・研究のプロジェクトは、昨今益々複雑になる一方で、スケ ジュール 通り 高品質な成果を出す事が要求されています。

プロジェクトを成功裏に終了させるためには、プロジェクトに関するデータを一元化し、プロジェクト メンバーで共有する事によりプロジェクトの進捗・管理を円滑に行う事がポイントになります。

また、プロジェクトの実行プロセスを標準化し、併行して実施される複数のプロジェクトが、共通の評価尺度で評価され、それぞれどのような状況にあるのか、何が問題でうまく行っていないのかをいつでも把握できる必要があります。

HawkEye(ホークアイ)は、NSSが永年培ったインターナショナル・プロジェクトの成功事例をノウハウとして集大成しシステム化した、実績に裏付けられたシステムです。
HawkEye の特徴
HawkEyeは、Webブラウザから利用できるプロジェクト管理システムです。

特徴
Webのポータルから、 役割や管理レベルに応じた情報や作業指示が提供されるため、 誰でも間違いなく業務を遂行できます。
 
一元管理された情報を共有できるため、指示や不具合対策、 ドキュメント管理などで、コミュニケーション ミスがなくなり、 業務効率が向上します。
 
. プロジェクトの実行プロセスの標準化と、 共通の評価尺度によるメジャメントにより、 問題のあるプロジェクトを指摘できます。
単にスケジュール管理をするだけでなく、QCDQuality, Cost, Delivery)に関わる諸要素を総合的に管理します。

プロジェクト管理の課題
プロジェクトマネージャ、メンバーにとっての課題
?
?Excelで進捗管理しているが、コスト、リソース、ドキュメン、不具合の追跡管理等、トータルの管理には不十分。
?ーデスクトップのプロジェクト管理ツールでは、PMの負荷ばかりが重くなってしまう。
?ーエンタープライズ向けのプロジェクト管理ツールの導入は、操作がたいへんで、環境も制限されるため、トータルのメリットが見出せない。
経営、上級マネージメントにとっての課題
?
?ー個々のPMのマネージメントが、外部から見えない。
?PMごとに独自の評価基準でプロジェクトを管理しているため、全体を統一した評価基準でメジャメントできず、複数プロジェクトの比較ができない。
?ーCMMIISO9001等による管理レベルの向上の要求に対応できていない。(顧客、マネジメント)
これら課題を解決するのは、HawkEyeです
経営、PM、メンバーの、それぞれにメリットを享受できます
HawkEyeにできること
プロジェクトの工程管理・進捗管理
プロジェクト メンバーの稼働率管理
ドキュメント授受・更新履歴管理
課題・問題点の管理
不具合の管理と解決策の管理
ダッシュボードによるプロジェクトの状況の把握と、作業指示
それぞれのメリット
プロジェクトマネージャのメリット
メンバーの入力に基づくチャートやレポートなど、直感的なGUIから、複数のプロジェクトの進捗、コスト、課題や不具合の状況などを一括して把握できます。
仕様書や議事録など関連するドキュメントも、履歴情報とともに管理することができます。
メンバーのメリット
使いやすいインタフェースで、タイムシートの入力も苦になりません。
ダッシュボードには、ToDoが表示されるとともに、課題や不具合の発生から解決までを確実にトラッキングする仕組みが提供されるため、コミュニケーションのミスが発生しません。
課題や不具合の登録時に、メールで通知されます。
経営、上級マネージメントのメリット
進捗、コスト、リソースなどを、共通の評価尺度で評価することで、問題のあるプロジェクトを指摘できます。これにより、CMMIISO9001の取得につながり、管理レベルが向上します。
複数プロジェクトのマネージメントの状況を、外部からの把握できるため、リスク管理 が容易になります
Copyright (C) System I 21 Co.,Ltd.  All rights reserved.